反重力子 花のかんばせ -Antigraviton, Lovely Face-

上演作品 Sep 2017-

KYOTO舞踏館上演作品 「反重力子 花のかんばせ」

出演/袋坂ヤスオ 美術/福西次郎 面製作/袋坂ヤスオ

公演日程

2017年9月9日(土) 18:00
2017年9月9日(土) 20:00
2017年9月23日(土) 18:00
2017年9月23日(土) 20:00
2017年10月より毎週土曜日開催

開演時刻

18:00- / 20:00-
上演時間 約45分・1日2回公演
※それぞれ公演時間の20分前より受付開始・開場

料金

一般3,800円 学生3,000円
*学生の方は3,000円でご入場いただけます。当日受付にて学生証提示ください。
受付にて800円キャッシュバックいたします。

素粒子の世界では反物質というものが知られていて、電子に対しては陽電子、中性子には対しては反中性子というのがそれである。反物質とその対の物質とが出会うと両者は光を放って消滅する。
電子や陽電子を考えるときには何らかの「粒」を頭に思い描けばよい。しかし重力子、さらにはその反物質たる反重力子となると、もはや私にはそれらを表象できない。
表象の限界を超えたものを敢えて形象化しようとするときにはいつも何かいかがわしいものが現れるものである。ましてや肉体が関わるときにはなおさらのことである。この類のいかがわしさはこの世に確たる居場所をもたない儚い(非)存在であり、いわばそれ自体が「反物質」なのかもしれない。
そうならばそれを何らかの「物質」と出会わしめることによって光芒一閃を得ることができるという(屁)理屈が十分に成り立つのではないか。
(酩酊時に書かれた日記より)

袋坂ヤスオ

Kyoto Butoh-kan Antigraviton, Lovely Face

Performance by Fukurozaka Yasuo Set design by Fukunishi Jiro Mask created by Fukurozaka Yasuo

Saturday Sep 9, 2017. 6pm
Saturday Sep 9, 2017. 8pm
Saturday Sep 23, 2017. 6pm
Saturday Sep 23, 2017. 8pm
From October 2017, Performances every Saturday.

Times

Shows at 6pm and 8pm.
Each performance approx. 45 minutes in length.
House opens 20 minutes before curtain.

Ticketing

Entry costs 3800JPY.
Student rate 3000JPY w/id.
*Student Discount
Students receive 800JPY refund at venue with i.d.

From elemental physics we know the concept of antimatter, where electrons are equivalent to positrons, and neutrons are equivalent to antineutrons. When matter and antimatter meet, they each spark brilliantly then vanish.

When thinking of electrons or positrons, I can picture a little "particle" in my head. However, when it comes to gravitons or antigravitons—the theoretical particles of gravity—I can't picture anything like this.

Something odd always appears if I try to materialize what transcends the limits of mental representation. This is even more the case when the body is involved. This particular oddness has no place in the world and only a fleeting [non]existence, and could even be said to be a form of "antimatter" itself.

If so, then isn't it [un]reasonable that its encounter with "matter" would yield a glinting beam of light?

[from a drunken Journal entry]

Fukurozaka Yasuo

出演

袋坂ヤスオ

プロフィール:
舞踏家。1971年北海道に生まれる。18歳で京都に出て能楽を学び、1996年より舞台の道に入る。以来、太田ひろ(メタルパーカッション)をはじめ、様々な音楽家との即興的なコラボレーションを重ね、2014年に舞踏作品「天人五衰」を発表する。その作品では自作の能面を使用した独特の表現法を確立し、好評を得る。2016年、舞踏ユニット「非風」を結成、活動を展開中。

The Performance

Fukurozaka Yasuo

Profile:
Butoh artist. Born in Hokkaido in 1971. Started learning Noh theatre in Kyoto at the age of 18, and began a life on the stage in 1996. Since then has collaborated with metal percussionist Ota Hiro, and also worked with various musicians in improvisatory performances. His Butoh piece, The Decay of the Angel (2014) established him a high reputation for his distinctive use of Noh masks. In 2016, he created and is now active with the Butoh group "Hifū". August 2017 saw him invited to perform in China for the symposium "Origin & Grow : Choreographic Dialogue among East Asian Dancers".